totop
totopicon
top logo top logo

家づくりに関する言葉を
わかりやすく解説します!
 
今回ピックアップするのは

「用途地域」

 
 
//////////////////
 
【用途地域】
 
建築できる建物の種類を
制限するためのルール
 
//////////////////
 
 
「都市計画法」では土地の利用用途が地域ごと
に決められており、「住居地域」「工業地域」
など13種類の用途地域があります。
 
これにより住宅が建ち並ぶ地域には映画館が
建築できなかったり、工場が多い地域に学校
が建築できなかったりして、秩序ある町並み
の形成を促しています。
 
 
住宅系の用途地域のなかで最も制限が多いのは
「第一種低層住居専用地域」です。
建ぺい率・容積率が厳しく、北側斜線制限や
外壁後退などもあり、
敷地いっぱいに建物を建てることが出来ません。
 
 
自身が建築する際は
「自分の土地なのに思うように建てられない」
とがっかりすることもありますが、
近隣も同じ規制があるため良好な住環境を
維持することが出来ます。
 
 
商業系の地域では建ぺい率・容積率が緩く
敷地に対していっぱいに建物を建てることが
できるので得をしたような気になりますが、
近隣地も同じ条件のため、将来、隣にビルや
マンションが建つ可能性があり、
日当たりや風通しが確保できなくなるかもしれません。
 
 
まずは、敷地の用途地域がどの地域に
該当するのか、建ぺい率・容積率や建物の高さの
制限がどの程度なのかを確認して、計画建物が
その用途に適しているかどうか
確認することが大切です。

記事一覧へ戻る
singlesec03 singlesec03