totop
totopicon
top logo top logo

◆◇◆ミヤウチ建設の家のはなし◆◇◆

家づくりに関するお役立ち情報を発信します!

二世帯親子談義

#左右型二世帯住宅

最近よく聞く「二世帯住宅」。
実際どうなの?に
ミヤウチ建設がお答えします。

本日のテーマは…
\左右型二世帯住宅/

最近、流行なのが
「左右型二世帯住宅」です。

親世帯と子世帯が左右に配置され各世帯が二階建てになっている二世帯住宅です。

階段が二箇所あり、トイレが四箇所ある場合もあり、
床面積は大きくなってしまいコストも上がってしまいますが、
親世帯と子世帯の間に水回りを配置する等の間取りの工夫で
プライバシーを確保することができます。

1.左右型のメリット

「長屋(ながや)」のような形状の二世帯住宅のため、
お互いのプランバシーは確保されます。
間取りの工夫で、親世帯と子世帯の間に共有スペースを作ることもできますし、
世帯間を水回りでふさいでしまうこともできます。
各世帯の独立性が高いため将来的に一世帯分のみを賃貸住宅として
活用することもできます。
また間取りの自由度が高いのも魅力です。

2.左右型のデメリット

一戸建ての家を二棟建てるのと同じくらいの規模になるため、二棟分の建物が収まる
広さの敷地面積が必要になります。

また、建築費も二棟建てるのと同等の費用が必要になります。
建物の規模が大きくなるので、間取りで工夫をしないと建物の中心付近は
窓がない空間になり、日当たり風通しの悪い建物になってしまう可能性があります。

ワンポイントアドバイス 左右型二世帯住宅は、
プライバシーを重視した
二世帯住宅です。

間取りの工夫によっては
お互いのプレイバシーを
確保しながら
共有の空間をつくったり、
生活音の問題を気にすることなく
必要なときだけ交流できる
理想的な二世帯住宅をつくることが可能です。

しかし、建築面積が大きくなりすぎて、
将来的に不必要な空間が
たくさんできないように注意したいところです。

  • twitter
  • FB
  • line
singlesec03 singlesec03