totop
totopicon
top logo top logo
解説!住まい語辞典2019.02.01

標準仕様とは?

  • twitter
  • FB
  • line

家づくりに関する言葉を
わかりやすく解説します!

 

今回ピックアップするのは

#標準仕様

 

 

//////////////////
 
【標準仕様】
 
構造材や断熱材からキッチン・バスの設備まで、
工務店やハウスメーカーがあらかじめ決めているグレード。
 
//////////////////

 

 

現在はほとんどの工務店があらかじめ
「標準仕様」を決めています。
 
例えば、通し柱は120ミリ角の集成材を使用し、
キッチンはLIXILの工務店指定品で、
玄関ドアはYKKapの断熱ドアで…
といった具合です。
 
 
一昔前までは、注文住宅といえば柱や梁などの構造材から、
キッチンやお風呂などの設備まで、
お客様の希望を聞きながらモノを選んでいましたが、
現在の工務店は標準仕様を設定することで
作業の効率化やコスト削減をしているのです。
 
また標準外の商品については、
オプション工事で対応することで
お客様の要望に応えることができます。
 
 
この標準仕様は工務店によって違いますから、
工務店選びの重要なポイントになります。
 
標準仕様に含まれているキッチンやお風呂などの設備が、
一流メーカーの高級品である工務店と、
一番低いグレードの設備仕様になっている工務店を比べると、
当然、前者の方が建物の価格は高くなります。
 
また、構造材や断熱材についても同じで
標準仕様でどの程度のグレードなのかを
しっかりと把握しておく必要があります。
 
 
自分たちの家に求める標準仕様は
どんなグレードのものなのかをあらかじめ考えておいて、
打合せの際に図面や見積書だけでなく
「標準仕様書」も確認すること
が必要です。
 
また、構造材や工法については
「標準矩計図」や「標準基礎伏図」も見せてもらって
内容確認しておく
と安心です。
 
 
 
◇ミヤウチ建設へもお気軽にご相談くださいね。
https://z105.secure.ne.jp/~z105198m03/contact/
 
 
 
#ミヤウチ建設 #解説すまい語辞典 #標準仕様
#工務店によって違う #標準仕様書を確認すべし
#藤井寺 #羽曳野 #注文住宅 #新築 #地元愛

  • twitter
  • FB
  • line
singlesec03 singlesec03