totop
totopicon
top logo top logo

◆◇◆ミヤウチ建設の家のはなし◆◇◆

家づくりに関するお役立ち情報を発信します!

二世帯親子談義

#税金の優遇

最近よく聞く「二世帯住宅」。
実際どうなの?に
ミヤウチ建設がお答えします。

本日のテーマは…
\税金優遇モンダイ/

二世帯住宅を建てると
どうしても建物の面積が
大きくなります。

建物面積が大きくなると固定資産税や不動産取得税等の
税金が高くなるんじゃないか?と不安になります。

確かに建物面積が大きい分だけ税金は高くなりますが、軽減措置を二世帯分受けることができるケースもあります。

1.固定資産税について

通常家を建てたとき、住居部分の床面積120㎡に
相当する分の固定資産税額が最初の3年間(長期優良住宅の場合は5年間)
2分の1に軽減されますが、建築する建物が「二世帯住宅」と認められた場合は、
一世帯につき120㎡の軽減が二世帯分適用されますので、合計240㎡に相当する分の
固定資産税が2分の1に軽減されます。

2.不動産取得税について

一定基準を満たした新築住宅を取得した場合、住宅の価格(評価額)から1,200万円
(長期優良住宅は1,300万円)の控除を受けることができます。

二世帯住宅の場合は床面積が大きくて1,200万円では全然足りないというケースが多いので、
その家屋が「二世帯住宅」と認められた場合は、控除額が1,200万円(1,300万円)×2世帯分となり、
実質2,400万円(2,600万円)の控除を受けることができます。

ワンポイントアドバイス その家屋が「二世帯住宅」に
該当するかどうかは
役所が判断します。

例えば、
玄関が2ヶ所あるか、
お互いの世帯への行き来する
ドアは施錠ができるかどうかなど、
各市町村または
都道府県で基準は異なります。

ほぼ間取りが決まった時点で
図面を持って、建設地の市役所の
固定資産税課で計画建物が
「二世帯住宅」に該当するか
どうかを確認することをおすすめします。

  • twitter
  • FB
  • line
singlesec03 singlesec03