totop
totopicon
top logo top logo
二世帯親子談義2018.10.19

二世帯住宅実際どうなの?~完全二世帯住宅編~

  • twitter
  • FB
  • line

最近よく聞く「二世帯住宅」。
実際どうなの?に
ミヤウチ建設がお答えします。
 
本日のテーマは…

\完全二世帯住宅/

 
「二世帯住宅」には、玄関を分けるかどうかによって種類があります。
「一部共有型二世帯住宅」…ひとつの玄関を共有する場合
「完全二世帯住宅」…玄関は別々で、キッチンやお風呂等の水まわりもすべて別々の場合
 
今回は「完全二世帯住宅」をご紹介します。

1. 1. 完全二世帯住宅のメリット
玄関がふたつあるということは、当然、水まわりもすべて別々ということです。お互いのプライバシーは確保されており、例えば子世帯のお父さんが飲み会で夜中に帰ってきても親世帯には気付かれないですし、親世帯が早朝の散歩に行くときにソロッと忍び足で出掛ける必要もありません。
水まわりも別々なので生活スタイルのギャップにストレスを感じることなく快適に暮らすことができます。

1. 2. 完全二世帯住宅のデメリット
住宅建材の中で高額な「玄関」や「キッチン」「お風呂」がすべてふたつあるため、価格的にはどうしても高額になってしまいます。また床面積も大きくなってしまうため、広い土地が必要になります。
将来、世代が変わった時に広すぎる家に夫婦二人だけで暮らすという状況になる可能性もあります。固定資産税等の維持費も膨らんでしまうので注意が必要です。

(ワンポイントアドバイス)
 玄関がふたつある「完全二世帯住宅」は、プライバシーが確保できお互いに干渉せず生活できるというメリットがあります。その反面、建物規模が大きくなり建築コストも高くなってしまい、維持費も膨らんでしまいます。将来のライフスタイルの変化や維持費をシミュレーションして計画的な二世帯住宅を建てることが望ましいです。

  • twitter
  • FB
  • line
singlesec03 singlesec03